総武本線(総武線)[1]

写真を始めたきっかけは身近(総武線)で走っていた蒸気機関車でした。当時は写真の知識もなく、ただシャッターを押していただけでしたが、今では懐かしい記録になっています。
不定期更新になりますが、鉄道写真もアップしてゆきますので、よろしくお願いします。

第1回目はC5733とC57125。共に当時国鉄千葉鉄道管理局管内の新小岩機関区に配置されていました。
C5733は富山機関区からの転属機で関東ではお目にかかれないつらら落としが付いていました。私が初めて撮影したSLです。総武本線・東千葉~都賀、Olympus Pen FT 1968年撮影。
b0221605_2135735.jpg




1969年8月まで通勤通学用に銚子、館山、勝浦~両国間にSL牽引の直通列車が朝夕3本づつ走っていました。夏の夕暮れ時、津田沼駅に進入する両国発館山行き直通列車です。Olympus Pen FT1969年撮影。
b0221605_21283926.jpg


こちらは朝の両国行きです。総武線津田沼駅、Olympus Pen FT 1969年撮影。
b0221605_21303073.jpg


C57125つなぎで、房総西線(当時)浜野付近、Ricoh Flex Dia 1969年撮影。
b0221605_2134483.jpg

Commented by KONDOH at 2011-04-24 21:47 x
こんばんは。
総武線にSLが走っていたのですかぁ・・・。
初めて撮影したSLがオリンパスペンでの撮影。コマ数が倍になるハーフカメラは鉄道写真にぴったりだったのでしょうね。
Commented by よっぱらいのこびと at 2011-04-25 06:59 x
おはようございます。
60年代ですかぁ、遠い目。

つらら落としというものがあったんですねぇ。
そういえば、前に仕事でホームのつららを検出できないか、相談されたことがありました。
最近もつららは悩みの種のようですね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-04-25 09:54 x
KONDOHさん、おはようございます。
当時の総武線はまだ複線で、各駅停車ですと急行列車の通過待ちが珍しくなかったです。京葉工業地帯を控えていましたので鉄道貨物も重交通機関で、C57、C58、D51などがしょっちゅう往き来していました。。
おっしゃるとおり、画質とかに疎かったので、単純に2倍撮れるという理由でハーフ判使ってました。まだ高校生でしたので、フィルム代だけでも節約したかったのでしょうね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-04-25 10:00 x
こびさん、おはようございます。
機関車の上部にあるかまぼこ形のワイヤーがつらら落としです。効果のほどは分かりませんが、トンネルの出入り口に下がるつららには有効だったのでしょうね。
SLの場合、線路の規格さえクリアできれば日本全国どこでも走れましたので、ある意味万能だったのかも、、、
by ctr9dmr | 2011-04-24 21:39 | 総武本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr