バラ・2011年春[13]

13回目は、ちょっとバラっぽくないバラを、、、

Panasonic DMC-GH1
Voigtlander Nokton 25mm/f0.95(1枚目)
Angenieux Alportar 9cm/f2.5(2、3枚目)
Kern Paillard Macroswitar 50mm/f1.4(4-6枚目)

1枚目は「ローブリッタ」(独、Shrub rose)です。いわゆる半つる性のバラですが、ホントにまん丸のカップ咲きで凄い花付きになります。
今回はPanasonic DMC-GH1ならではの縦横比16:9で撮ってみました。M4/3機ですがセンサーサイズが一回り大きいので画素数はほとんど変わりません。
b0221605_9444580.jpg





2枚目もShrub roseの「シェネー ケニギン」(独)です。
b0221605_9464141.jpg


3枚目はオールドローズの一つPolyanthaの「アストリッド スペース ストライプド」です。斑入りもありますね。
b0221605_9485059.jpg


4枚目もPolyanthaの「ミルローズ」です。
b0221605_950630.jpg


5枚目はWild rose 原種バラで「ロサ ムルティフローラ キャサイエンシス」です。ちょっとバラには見えませんが、現代のバラも元を辿って行くとこういう花にたどり着くのでしょうか。
b0221605_953456.jpg


今日の最後はオールドローズの一つGallica roseの「デュック ドゥ ギッシュ」です。かなり濃厚な紫色です。
b0221605_956151.jpg

Commented by galleryF at 2011-06-04 00:26
こんばんは、tamuraさん。
一番上のピンクのがみっちり付いているバラは好みですね〜。
庭に植えたら壮観だろうなぁって夢想しちゃいます。
バラの愛好家から聞いた話ですが、
庭の土とバラに最適な土を入れ替えるのに
トラック3台だったか5台だったか必要だったそうですよ。
手間分の花が咲くんでしょうけど、ぼくには無理です(^^;
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-06-04 15:35 x
こんにちは。
お好みは「ローブリッタ」ですか。色合いも形も可憐ですよね。
当然のことながらバラ園では一杯花を付けていますが、自宅で育てるとなるとなかなか大変なようです。土を入れ換えるといっても半端じゃないですね。それにしてもトラック何台分も要るとなると考えちゃいますよね。
by ctr9dmr | 2011-06-03 09:59 | バラ・2011年春 | Comments(2)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr