川越線[1]

川越線、埼玉県の大宮と川越・高麗川を結ぶ路線ですが、列車の運行は大宮~川越と川越~高麗川に分かれています。1985年に埼京線が開通しましたが、埼京線沿線には車両基地が確保できなかった関係上川越線の南古谷に川越電車区(当時)を造ったことから、大宮~川越間は埼京線直通乗り入れによって、すっかりローカル線から通勤路線に様変わりしました。
そんな川越線も1969年はローカル色の濃い路線でしたが、貨物だけは結構頻繁に9600(キューロク)が牽いて頑張っていました。また、朝夕1往復だけ通勤通学用に9600が7両の客車を牽いていました。朝の列車は撮りに行けませんでしたので、夕方の下り列車を撮ることになりますが、暮れ時なので撮影可能なのは陽の長い頃だけでした。またほぼ平坦な路線なので煙が期待できるところが限られていましたので、人気は今ひとつだったみたいです。

撮影機材
Olympus Pen FT
Zuiko 38mm/f1.8
Zuiko 100mm/f3.5

1枚目は、指扇駅を発車して荒川橋梁に向かって緩い勾配を上り始めたところです。牽引は59674です。9600型は8620型とともに大正時代に製造された古い機関車で、総数770両と言われています。戦争中に大陸などに渡ったものも数多いようです。製造番号の数え方は8620型と同じですが、十位の数字が「0」なので、こちらは単純に「万の位の数字×100+下二桁の数字+1」となります。写真の59674の場合、575号機ということになります。(1969年6月撮影)
b0221605_14412527.jpg




2-3枚目は1枚目からの続きです。
b0221605_14425361.jpg

b0221605_14431867.jpg

4枚目は荒川橋梁を渡る29697牽引貨物です。煙もなく、のどかな風景です。
b0221605_1447090.jpg

5枚目は貨物の合間にやってきた、キハ30・2連です。
b0221605_14481650.jpg

最後は、南古谷方面に下って行く69636牽引貨物です。
b0221605_14493699.jpg

Commented by まこべえ at 2011-06-21 18:55 x
こんばんは。

川越線の朝の旅客。
眠い目をこすりながら、撮影に行きました。
自宅が渋谷だったので、東上線を使って、撮影はいつも川越発車。
もっとも、学校に行くのと違い、こういう時は、眠いながらも、やる気まんまんなんですよね(^^)
しかし、「反合、反安保」の文字がデフに書かれた59669が来たときはがっくりでした。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-06-21 19:41 x
まこべえさん、こんばんは!
朝の旅客撮られていましたか。私は津田沼でしたが、、、朝は弱かったですねぇ。夜行で行ったとき以外早朝の列車はホントに撮ってないです(笑)。
あの頃はあちこちに檄文が書かれていたり、それを消した後がまた汚かったです。特に春先は毎年ストがありましたから、ダイヤもメチャクチャ、、、
Commented by KONDOH at 2011-06-21 22:47 x
こんばんは。
こうしてずっと拝見していると、やはりフィルムは偉大だなぁ・・・と思います。
フィルムによる写真は味わい深いです。
しかし随分といろいろな路線を撮影されていたのですねぇ・・・。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-06-22 08:35 x
KONDOHさん、こんにちは。
色々な意味でフィルムというのは得がたい記録媒体ですね。私の場合、今はすっかりデジタルオンリーで割り切っちゃっていますが、、、
鉄道写真、どちらかというと私は寡作のほうで、路線もそこそこしか撮ってないのですよ。もっと熱心に撮っておけば良かったんですが、、、
by ctr9dmr | 2011-06-21 14:52 | 川越線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr