急行「霧島・高千穂」

1969年3月の日曜日、関東地方にも久しぶりに積雪がありました。この年の秋には無煙化が控えていましたので、千載一遇のチャンスとばかり総武本線へSLを撮りに行っていそうなはずなのですが、何故か大船あたりでブルートレインを撮ってました。(笑)
今になってみればEF65500番台+20系客車という貴重な絵にはなりましたが、、、う~ん。

20系は別の機会に譲るとしまして、今日はその合間に撮った急行「霧島・高千穂」31レです。エコノミー二眼レフ(レンズシャッター)での撮影で、ナンバープレートあたりはブレていますが、先頭は浜松区のEF581号機です。
続くのは見事な15両編成の客車、客車の2両目以降14両はすべて軽量客車で決まっているのですが、1両目の荷物車が何とダブルルーフのマニ31?です。後にも先にも営業運転の優等列車でダブルルーフの客車を撮ったのはこの1枚だけでした。(これは青列車さんの鑑定が必要ですね。)
(1969年3月撮影、東海道本線・大船~藤沢、Ricoh Flex New Dia)
b0221605_9521513.jpg

Commented by 佐倉 at 2011-09-16 12:35 x
 蒸機が走っていた頃は、電機には目もくれず...
 今更ながら、こんなシーンにももっと目を向けておけば良かったと...
 でも、当時の佐倉の腕では、スピードの早い電機は多分まともに撮れなかったでしょう。(^^ゞ
Commented by 枯れ鉄 at 2011-09-16 14:41 x
昭和の名シーンですね。
EF58が引く急行「霧島・高千穂」。それも1号機というのが値打物です。
また、SGの蒸気が懐かしさを一層引き立ててます。
15両の長大編成で、西鹿児島までを駆け抜けた名物急行で、今の時代では信じられない列車ですが、当時は時間がかかっても、安いのが魅力という需要があった時代ですね。
Commented by 青列車 at 2011-09-16 15:21 x
う…ダブルルーフ車?守備範囲外です(爆)(ガキの頃スハフ32のWルーフ車に乗った記憶はありますが電化後でカマはEF58でした)。

でもそれでは答えになりませんね(^^);客車ファンとして引きさがるわけにも参りません。

一応ウィキペディアで検索してみたところマニ311~18はWルーフだった由(以降は丸屋根)。このグループには戦災廃車こそなかったものの戦後接収で改造されたものや事故廃車、他形式改造等で5両が離籍、更に1964/昭和39年より廃車も始まり1970/昭和45年には一族が消滅しているそうですから最後に残ったクルマかも知れませんね。その意味でも貴重です(マニ31以前の荷物車だとスニ30で17m級、マニ32以降は丸屋根ですからこの車輛はマニ31でほぼ間違いないでしょう)。
Commented by 青列車 at 2011-09-16 15:22 x
撮影日付が1969(昭和44)年と言う事は…それまで単独運転だった霧島と高千穂が併結(43-10より)になり、また霧島が桜島に改称(1970/昭和45年)前ですね。そしてまだオシ17が入っていたのですね(流石にハネはもうなかったようですが…)。

編成の殆どが10系なのはおそらく牽引定数の関係でしょうね。この当時はまだ鹿児島本線も末端は未電化でしたし日豊本線は大分の先、幸崎辺りまでしか電化されていませんでしたから(晩年は在来型も混ざりましたが)。

もし叶うなら?EF58+スハ43系=が無理なら12系でも可=で良いのでこのスジで東海道・山陽本線を乗り通してみたいです。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-09-16 19:49 x
佐倉さん、
私もSL意外には目もくれずの類だったのですが、高校まではなかなか遠出が許されなかった事情もあって、何か撮りたいということでたまに電機や都電などを撮っていました。
結果的には貴重な絵も撮れたということにはなりますが、、、
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-09-16 20:03 x
枯れ鉄さん、
東海道本線をEF58が客レを牽く姿は、一時代を代表する姿ですね。特に長大編成はいかにも長距離列車という感じで、老舗の急行には食堂車も付いて見るよりも乗りたいなぁ、という気にさせる存在でした。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-09-16 20:15 x
青列車さん、
ダブルルーフは守備範囲外でしたか、、、1969年あたりでも稼働車両はかなり少なかったんですね。この写真はデジタル化するまですっかり忘れていたのですが、軽量客車がズラッと繋がっている中で屋根に違和感があるなと拡大してみたらダブルルーフだったという訳で約40年ぶりの新発見でした。
それにしてもやはり青列車さんの客車鑑定は奥が深いです。今後も鑑定方よろしくお願いいたします。
Commented by まこべえ at 2011-09-16 20:37 x
ゴハチが牽く「霧島」に「高千穂」、懐かしい!
当時は、これに乗って九州に蒸気撮りにいきました。
とっても長かった北九州。
直角椅子の感触は、いまだ忘れられません(^^)
その列車にダブルルーフが連結されていたとは。
あのころは蒸気に夢中で、貴重なフィルムを行きの列車で使うわけにも行かず、一枚も記録に残しませんでしたが、撮っておけば、よかったなあ。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-09-16 21:22 x
まこべえさん、
東京から通しで九州まで揺られましたか。ホントに長かったでしょうね。
こういう列車が毎日往復していたというのは今では信じられないです。何しろ翌日の列車が出発する時間に前日出発した列車はまだ終着駅に到着していないのですから、、、
by ctr9dmr | 2011-09-16 09:54 | 東海道本線 | Comments(9)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr