佐倉機関区銚子機関支区

総武本線の終着駅である銚子駅構内にこぢんまりとした機関支区がありました。
夏休みを利用して1泊2日で出掛けましたが、待機していたのは夕方の客レを牽く
C5771、仕業は分かりませんが38671、奥の機関庫には新米のDE10126がいました。
この年の10月には客レの無煙化、翌年3月で完全無煙化を控え、DE10の姿をあちこちで
見かけるようになりました。
(1969年8月撮影、銚子機関支区、Ricoh Flex New Dia)
b0221605_8513452.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2012-03-23 08:57 x
C57は71号機と72号機と連番で形式入りプレートだったのですね。
ハチロクとC57を並べると、ハチロクのほうが華奢な貴婦人に見えますね(^^)
Commented by 佐倉 at 2012-03-23 09:23 x
 C5771も美しい罐でしたが...逢えませんでした。
 グーグルマップを見ると、銚子機関支区の名残のような引き込み線が未だ残っていますね。
 写真でC57と86の間、奥の方に見える煙突はヤマサ醤油の工場でしょうかね。
Commented by ctr9dmr at 2012-03-23 19:50
枯れ鉄さん、
ラッキーにも両者撮ることが出来ました。この頃は形式入りナンバープレートの情報まではなかなかなかったので、
実際に見て初めて分かったというのがほとんどでした。
C57形式入りは68(米沢)、69(酒田)、70&71(佐倉)、72(鹿児島)と5両連続で残っていたようです。
千葉鉄管内では55、59、70、71が形式入りだったようですが、撮れたのは59と71だけでした。
Commented by ctr9dmr at 2012-03-23 19:55
佐倉さん、
71号機は何度か撮ってます。というか、たまたま夏休みに1泊2日で出掛けた時に、
運用が上手く重なったので結果的に3本撮れてラッキーでした。

後ろに見える煙突、地図見ましたらそんな感じですね。新発見です!
by ctr9dmr | 2012-03-23 08:54 | 総武本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr