急行「出羽」

上野~山形、酒田、新庄を結ぶ急行「出羽」403Dは、キハ58(28)系12連という堂々たる編成です。
先頭から6輌が山形行き、残りは3輌ずつで酒田、新庄行きです。
写真は尻切れトンボで11輌しか写っていませんが、多分ついでに撮ったものだと思います。
場所が全く分からないのですが、与野か西川口あたりのような気がします。
(1974年5月撮影、Canon FTb FD50mm/f1.4)
b0221605_930527.jpg

Commented by 佐倉 at 2012-11-07 20:21 x
 出羽も昔はDCだったのですね。しかも12連とは壮観です。
 後年客車化され、EF641000が牽引する姿は何度か見ています。
 DC急行と言えば、通勤時に時々「おが」に乗りました。(赤羽~大宮間で)
 加速するときのエンジン音を思い出します。(笑)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-07 21:21 x
佐倉さん、
この頃奥羽本線方面はDCが幅をきかしていました。
中でも特急「つばさ」は代表格でした。明日はキハ181系の「つばさ」をアップします。
Commented by 青列車 at 2012-11-07 23:34 x
晩年は短編成が殆どでしたがこの当時はキハ58系でも10両以上組成された急行編成は珍しくなく複線電化の幹線でも大手を振って上下していましたね。非電化区間では颯爽としていた気動車急行もしかし電化区間では153系や475系の電車急行に比べるとやや格下感が拭えない印象がありました。気動車急行にもビュッフェ車=キハシ28?キクハシ28?=が欲しいところでした(最早新たにそういう車輛が登場する可能性は皆無に近いかと存じます)。
Commented by 枯れ鉄 at 2012-11-08 22:17 x
一列車で12両がすごいですね。関西では越後・ゆのくにがDCで長かったですが、二列車です。
通過後の匂いもすごいでしょうね(笑)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-09 08:21 x
枯れ鉄さん、
DC12輌編成は壮観ですよね。
今となっては記憶の外ですが、騒音と匂いは半端ではなかったでしょうね。
by ctr9dmr | 2012-11-07 09:32 | 東北本線 | Comments(5)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr