飯山線定番のC56

関東に近いところでC56が走る路線は、小海線、飯山線、大糸線が知られていました。
千曲川沿いに長閑に走るイメージを探していたようですが、昨日の撮影場所の近くで撮ってます。
初めての飯山線ということもあってか機関車をメインにしたかったようです。
(1970年5月撮影、飯山線、替佐~蓮、Ricoh Flex New Dia )
b0221605_8534237.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2012-11-13 23:56 x
気のせいか、C56にはワム貨車が似合うような気がします。
煙の量は少ないのですが、C11とかC56とか、このクラスの蒸機だと、モクモクとした煙でなくても、長閑な雰囲気がでていいですね。
Commented by 佐倉 at 2012-11-14 21:36 x
 飯山線と聞くと、やはりC56が一番先に思い出され、似合いますね。
 ずっと向こうからやって来るのが見えていて、シャッター押すまでの情景も良かったでしょうね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-17 09:06 x
枯れ鉄さん、
C56とかC11には小編成の貨物、できれば混合列車がよく似合いますね。
加えて、おっしゃるとおり適度な煙というのが長閑な感じが出てよいです。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-17 09:09 x
佐倉さん、
当時、関東近辺でC56といえば、飯山線か小海線でした。
木次線も一度行きたかったのですが、何せ遠すぎました。
この頃はまだ駆け出しでしたから、かなり前から見えていても
旧式の二眼レフでは1枚撮るのが精一杯でした。
by ctr9dmr | 2012-11-13 08:54 | 飯山線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr