クリスマスを走り抜ける

約2ヶ月の点検整備を終えて、カシオペアが戻ってきました。
24日の夕方に札幌を発車したカシオペアは、クリスマスの朝ヒガハスを走り抜けて行きました。
牽引はEF510501号機です。
(2012年12月25日撮影、東北線・東大宮~蓮田、Nikon D3s Sigma 24-70mm/f2.8 HSM 2枚共通)
b0221605_9214269.jpg




あとを追いかけるようにして、上ってきたのは同じく札幌発の「北斗星」です。
あいにく裏かぶりでパンタが3つになっちゃいました。(笑)
こちらはEF510508号機です。
b0221605_9241379.jpg

Commented by 佐倉 at 2012-12-26 10:08 x
 お疲れ様でした。
 昨日は銀ではなくてちょっと残念でしたが、両機とも1エンド先頭で良かったです。
 北斗星のほうは、このアングルだと木々の影がなかなか面白いですね。新発見でした。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-12-26 13:48 x
佐倉さん、
どうもお疲れ様でした。
再開1番列車はシルバーだったようで、残念でした。まあ、いずれそのうちに、、、
それにしても撮ろうと思うとなかなか来てくれないものですね。
北斗星のアングルは、自分の影が入らないようにしました。(笑)
冬の陽の低さが表現できたので、これはこれでよいのかも、です。
Commented by 枯れ鉄 at 2012-12-28 00:05 x
ご出陣されましたか(^^)
それにしても、銀カマのカシオペアに当たりませんね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-12-28 18:55 x
枯れ鉄さん、
はい、行ってきました。
前日に佐倉さんから情報をいただいたので、銀罐でないことは分かっていましたが、
やはりカシオペアの編成は魅力あります。年が明けたらリベンジですね。
by ctr9dmr | 2012-12-26 09:24 | JR東北本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr