光り始めはEF64タイム

日没まで1時間を切り始めると次第に列車側面が太陽光で光り始めます。
この時期になると日に日に陽が長くなって行きますので、列車のように運行時刻が決まっていると
毎日光り方が変化して行くところが面白いですね。
16時を回ると2本のEF64貨物がやってきますが、1本目の5593レはまだ鈍い光り方です。
牽引はEF641040、いわゆる原色機でした。
(2013年1月29日撮影、JR東北本線・蓮田~東大宮、Fujifilm X-Pro1 XF18-55mm/f2.8-4)
b0221605_915533.jpg




約20分後に来たのは、3071レ、ディテールが飛ばず、きれいな光り方です。牽引はEF641005です。
b0221605_9165780.jpg

さらに10分ほど後に今度は桃太郎牽引の5561レ、牽引はEF210164です。
だいぶ夕暮れの感じにはなってきましたが、まだ夕陽の色合いが薄いです。
b0221605_921971.jpg

Commented by 佐倉 at 2013-02-04 09:50 x
 この日の5593レは見事なまでのスケートボード...と思いきや、後ろの方に2個載っていました。
 冬場は空コキも光りますが、夏場の草ボウボウの時は単機と同じ絵になってしまいます。
 そして暫くしてコンテナだけが走って行く...(笑)

 この時間帯は30分の間に3本撮れて、しかも光線が良くて一番美味しい時間帯です。
 この後のカシオペアも楽しみですね。(^-^)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-02-04 18:40 x
佐倉さん、
5593レのようなこともありますので、背景にも注意を払っておかないといけませんね。
このあたりの時間帯はなかなか良い感じで、光りを上手く使いたいところです。
カシオペアはちょっと時間帯がどうかかなと、気になりましたが思ったよりも良い感じでした。
明日をお楽しみに、、、(笑)
Commented by 枯れ鉄 at 2013-02-04 23:27 x
時間によって写真のイメージが変わるのが、ヒガハスの魅力の一つでしょうね。
伯備線は1本の列車を追うしかないので、天候と季節の変化で楽しむしかないなぁ(^^;
by ctr9dmr | 2013-02-04 09:24 | JR東北本線 | Comments(3)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr