今年の桜・最終回

長らく続けてきました桜シリーズの最終回は、今春最後に撮った荒神さんの八重桜です。

寺町通と川端通を結ぶ東西数百メートルほどの荒神口通に面する荒神さん。
正式名称は「常施無畏寺(じょうせむいじ)」、院号は「護浄院」、通称「清荒神(きよしこうじん)さん」、
単に「荒神さん」とも呼ばれているようです。
長らく色あせていた提灯が新調されて、見違えるようになりました。
(2013年4月16日撮影、Fujifilm X-Pro1 Y/C Vario Sonnar 70-210mm/f3.5)
b0221605_18562179.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2013-04-23 21:40 x
荒神口はいつも通るところ、でも荒神さんは見たことも聞いたこともない。
荒神口通りを通るのは、河原町と川端の間だけで、あと寺町通りを南北に。つまり、死角のようなところです。
提灯と桜のコントラストが面白いですね。
Commented by 佐倉 at 2013-04-23 21:54 x
 京都の桜、たっぷりと楽しませて頂きました。
 もうお仕舞いかとおもうと、ちょっと寂しいですが...また来年ですね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-04-24 09:03 x
枯れ鉄さん、
案外そんなところかもしれませんね。京都市内には数え切れないくらいの寺社がありますし、
それぞれの町内にお参りする寺社があれば、普通の暮らしの中では縁がないですからね。
ここの提灯は、久しく色あせていましたので、桜がきれいでも絵的には今一つでしたが、
新調されて、すっかりイメージが変わりました。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-04-24 09:06 x
佐倉さん、
毎回ご覧いただきましてありがとうございます。
もともと花撮影が主体ですが、特に桜の季節は列車の方に気を向けている余裕がなくなっちゃいました。
でも、もう少しすると今度はバラの季節なので、、、なかなかカシオペアが撮れません。(笑)
by ctr9dmr | 2013-04-23 08:42 | 京都・桜(2013年) | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr