近江神宮

京阪・三井寺駅から坂本方面へ少し移動して近江神宮駅で下車、5分足らずで近江神宮です。

ここは歴史は浅いですが、百人一首かるた大会で全国に知られていますね。
ご祭神は天智天皇です。大化改新(645年)では中大兄皇子として藤原鎌足と共に時の人として知られています。
また、天皇在位時に都を飛鳥から大津に移され、様々な施策を行ったことでも知られています。
水時計を造られた方でもあり、「時」に因んだ祭事や献納された日時計なども見ることができます。
(2016年4月6日撮影、Fujifilm X-Pro2 Meyer Optik Trioplan 100mm/f2.8、MS-Optical Sonnetar 50mm/f1.1)

b0221605_9281867.jpg




b0221605_9342461.jpg

b0221605_9345959.jpg

b0221605_935343.jpg

b0221605_9414191.jpg

b0221605_9431746.jpg

Commented by よっぱらいのこびと at 2016-04-22 12:17 x
2枚目と4枚目に桜の紋が写っていますので、近江神社の紋は桜なのですね。(花弁の先が切れ込んでいますので多分桜かと)
それで桜がいろいろ植えてあるのかもしれませんね。
Commented by tamura at 2016-04-22 16:41 x
こびさん、
桜の紋、そういえば平野神社もそうでしたね。
今回初めて訪れましたが、桜はそれほど多くないのですが、
本殿の周りに集中的にありました。
しだれ桜が3本あります。
Commented by 佐倉 at 2016-04-22 17:10 x
 この辺りは全く地理不案内で、GMを見ながら読ませて頂きました。
 神社の直ぐ隣には時計博物館もあるんですね。
 最後の写真は日時計でしょうか?
 其処に書いてある東経135度56分58秒、北緯35度01分45秒が気になったので、何処かと調べて見たら、草津駅の近くでした。
 近江神宮とは琵琶湖を挟んで反対側ですね???
 
Commented by tamura at 2016-04-22 18:44 x
佐倉さん、
近江神宮は初めて訪れたのですが、時計博物館があったりしてちょっと面白いです。
花見に来ていると思われる人影はほとんどなく、かるた関係の方とおぼしき方がお参りしているだけでした。

この日時計は、精密日時計だということで、自分の腕時計の時刻と比べたらかなりズレていました。
それもそのはず、日時計が指すのはこの場所の時刻で、腕時計は日本標準時の時刻でした。
ここに刻まれている緯度経度については、特に説明書きはなかったので何なんでしょうね。
Commented by 枯れ鉄 at 2016-04-22 21:44 x
滋賀から京都に帰る時に山中越を通る時は、近江神宮の前を通るのですが、一度も行ったことがないですね。
ここでも、桜が楽しめるのですね。
この付近は、まず最初に皇子山公園のコヒカンザクラが咲き長く楽しめるところです。
Commented by tamura at 2016-04-22 22:13 x
枯れ鉄さん、
道路からだと中の桜までは見えないようなので、花見に来る方も少ないようです。
桜の数が多いわけではないのですが、なかなか見事なしだれ桜も何本かあってゆっくり楽しめます。
by ctr9dmr | 2016-04-22 09:45 | 京都・桜(2016年) | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr