三室戸寺の蓮(2008年)

三室戸寺の三重塔は蓮撮影の良い背景になるのですが、晴天ですと完全に逆光になります。
デジタルカメラとレンズコーティング技術のお陰で逆光でも遠慮なく撮れるようになりました。
この頃逆光耐性が抜群と言われたレンズで撮っています。
(2008年7月5日撮影、Nikon D3 Sigma 70-200mm)

b0221605_995067.jpg

Commented by よっぱらいのこびと at 2016-07-20 11:41 x
蓮の花のヌケのよい描写のみならず、背景の夏の暑い空気まで写っているようですね。

最近のズームレンズはレンズの枚数の多さを感じさせない描写に驚くことが多いです。
Commented by tamura at 2016-07-20 16:12 x
こびさん、
夏の暑い空気感を感じ取っていただけて何よりです。
撮っているときも暑くて汗だくですが、、、(笑)
この頃から逆光にも強いレンズが次々と登場してきました。
今は正面に太陽が入ってもほとんどゴーストが出ないという、、、凄い時代になりました。
Commented by 佐倉 at 2016-07-20 21:31 x
 逆光に透けて見える蓮華が凄く綺麗です。
 逆光だとインパクトのある写真が撮れますね。
 コーティング技術の進歩のお陰で逆光でも問題無く撮れる様になり、表現の幅が拡がりました。
Commented by 枯れ鉄 at 2016-07-20 23:19 x
多少のずれがあるにしても、この年は7月5日に撮ってられる蓮を今年は、6月15日に撮ってますから、異常でしょうね。
バックの塔とのコントラストが良いですね。
Commented by tamura at 2016-07-21 09:02 x
佐倉さん、
ネイチャー系は斜光や逆光の方がインパクトのある絵になりますね。
ただし、撮影したままでは厳しいので、現像時の調整がミソです。
Commented by tamura at 2016-07-21 09:04 x
枯れ鉄さん、
本当に今年は早かったようですね。
蓮の花は桜のように離れたところから確認できないことが多いですから、
行ってみて空振りというのが一番疲れます。毎年見頃時期がずれてくると悩ましいです。
by ctr9dmr | 2016-07-20 09:10 | 京都・蓮花(2010年以前) | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr