桜回想 (5) 龍安寺 石庭・2008-10年

遙か昔の作庭時には想定もしていなかったと思いますが、春になると枯山水に花が咲きます。

この年はまだ5-6分咲きでしたが、思いがけなく到着からしばらくの間無人状態でした。
(2010年4月8日撮影、Nikon D3s Distagon 18mm/f3.5ZF)
b0221605_1634253.jpg




2009年は建物の屋根修理のため、石庭側にせり出した拝観用の特設桟敷からの撮影でレアものです。(笑)
(2009年4月12日撮影、Nikon D3 Sigma 24-70mm/f2.8 HSM)
b0221605_9433011.jpg

b0221605_16105482.jpg

(2008年4月13日撮影、Leica R9+DMR ME 60mm/f2.8)
b0221605_2217459.jpg

Commented by at 2017-04-05 10:32 x
 この桜も以前に見せて頂きましたが、色が濃くて花付も良く見事ですね。
 こんな時期に行って見たいものです。
 次の屋根の修理はいつでしょうかね?(笑)
Commented by tamura at 2017-04-05 18:53 x
桜さん、
この季節、枯山水としだれ桜の対比が石庭を別世界にしているようです。
通常だと八重紅しだれ桜の見頃はソメイヨシノより少し遅めになります。
次の修理がいつになるのか、、、多分数十年後かと、、、(笑)
Commented by よっぱらいのこびと at 2017-04-06 02:19 x
ひさしと縁側を大きく入れ、庭をほとんど写しこんだ、すごく豪華な構図ですね。
4作目のほわっとした雰囲気もいいですね。

昨年秋に行ったときは天井にかなり雨漏り痕がありました。部分修理で対応できるといいのですが。。。
Commented by tamura at 2017-04-06 09:18 x
こびさん、
屋根の改修工事が終わったばかりの時でヒサシの裏側も絵になりました。
このヒサシはどのような構造なのか分かりませんが、雨漏りの後ですか。
年中無休のドル箱席ですので、修理となると結構段取りも難しそうですね。
by ctr9dmr | 2017-04-05 09:10 | 京都・桜(2010年以前) | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr