カテゴリ:京都・花(2014年)( 6 )

金福寺のサツキ

詩仙堂界隈、一乗寺と称されるエリアにはこぢんまりしたお寺がいくつかありますが、
今日はその一つ金福寺のサツキです。
斜面を登るように緩い刈り込みがほんわかした印象でなかなか良いです。
奥に見えるかやぶき屋根の建物は、与謝蕪村が再興したといわれる芭蕉庵です。
(2014年6月3日撮影、Fujifilm X-T1 XF18-55mm)
b0221605_8395657.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-10 08:42 | 京都・花(2014年) | Comments(4)
昨日の続きです。
屋内から備え付けの履き物で庭に出て、サツキの刈り込みの間を降りて行きます。
b0221605_2051010.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-09 08:35 | 京都・花(2014年) | Comments(8)

詩仙の間

詩仙堂、随分久し振りに訪れました。ここは石川丈山の終生の住居で、拝観のしおりによれば、
正しくは凹凸窠(おうとつか)というそうで、でこぼこした土地に建てた住居の意味とのこと。
詩仙堂の由来は、その一室・詩仙の間から来ているとのことです。
(2014年6月3日撮影、Fujifilm X-T1 XF10-24mm)

この日は初夏を通り越して真夏のような陽射しで、サツキの花もちょっと元気がない感じでした。
詩仙の間からの眺めです。時間がゆっくり流れていくような錯覚を覚えます。
b0221605_8422563.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-08 08:47 | 京都・花(2014年) | Comments(6)

妙心寺塔頭

花園にある妙心寺は、政治的な意味合いから京都五山には列挙されませんでしたが、
臨済宗・妙心寺派として日本にある臨済宗寺院の約6割を占める大本山です。
山内だけで48の塔頭が並ぶ広い境内は、時代劇の撮影でも度々登場しています。

塔頭の一つ慈雲院は境内南端にありますが、非公開ですので、入り口付近で覗かせてもらいました。
この季節にはサツキの刈り込みがピンク色に染まるほど咲き揃って見事です。
(2014年6月3日撮影、Fujifilm X-T1 XF10-24mm)
b0221605_9315889.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-07 09:36 | 京都・花(2014年) | Comments(4)

東福寺

京都は禅宗寺院も多いですが、東福寺は京都五山の一つに数えられる大寺院です。
現在も塔頭が25を数え、特に紅葉の名所として知られています。
初夏の季節は新緑がとても美しいのですが、サツキが咲く頃になると緑も濃くなりつつあります。
この日は、初夏どころか真夏の暑さで参りましたが、広い境内を渡る風は心地よかったです。
(2014年6月2日撮影、Fujifilm XF55-200mm、XF18-55mm)
秋には人でごった返す通天橋もこの季節は閑散としています。
b0221605_8473920.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-06 08:59 | 京都・花(2014年) | Comments(4)

光明院・波心庭

東福寺塔頭の光明院です。庭全体を眺めるのが定番ですが、今日は少しひねってみました。
庭を囲むようにツツジ系の刈り込みが見事です。色々な種類が混じっているようで、サツキも少し咲きます。
(2014年6月2日撮影、Fujifilm X-T1 XF55-200mm、XF18-55mm)
b0221605_8364596.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-06-05 08:38 | 京都・花(2014年) | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr