昨日に引き続き枯れ鉄さんのブログ繋がりで、寝台特急「あかつき」です。「彗星」より通過時刻が遅いこともあり陽も十分回ってくっきり写ってます。牽引はオーソドックスな印象のEF586号機、ひさしがなく小窓だと随分印象が違います。
撮影場所は須磨付近ですが、反対側(西側)だと思います。すぐ横に国道2号が並行し、さらに山側には山陽電鉄も走っています。
b0221605_21594031.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-19 09:28 | 山陽本線 | Comments(5)
いつもコメントを頂いている枯れ鉄さんのブログで、昨日EF58牽引の彗星がアップされていたのに便乗させて頂きました。
当時既に特急牽引から遠ざかっていたEF58でしたが、もろもろの事情が重なりうれしいカムバックとなりました。
撮影年月はメモでは1975年2月となっていますので、ギリギリ間に合ったという感じでしょうか。場所は山陽本線須磨駅付近だと思います。
このEF5829号機、よく見るととても個性的です。下関区配置にもかかわらず、つらら切り(ひさし)が付き、前面大窓、先台車は独特な形の一体鋳鋼製です。撮った当時はそんなことは全く気付きませんでした。
b0221605_9114324.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-18 09:19 | 山陽本線 | Comments(6)

ちょっと編成が?

機番不明のEF57が牽引する上り普通列車のようですが、機関車の次位にスハニ32?が、、、次が郵便車ですので、訳が分からない編成です。EF57は結構撮っていたのですがこういう編成はこれだけです。場所がちょっとよく分からないのですが、前後の写真から小山よりは北だと思います。
b0221605_2281523.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-17 09:35 | 東北本線 | Comments(6)

急行「霧島・高千穂」

1969年3月の日曜日、関東地方にも久しぶりに積雪がありました。この年の秋には無煙化が控えていましたので、千載一遇のチャンスとばかり総武本線へSLを撮りに行っていそうなはずなのですが、何故か大船あたりでブルートレインを撮ってました。(笑)
今になってみればEF65500番台+20系客車という貴重な絵にはなりましたが、、、う~ん。

20系は別の機会に譲るとしまして、今日はその合間に撮った急行「霧島・高千穂」31レです。エコノミー二眼レフ(レンズシャッター)での撮影で、ナンバープレートあたりはブレていますが、先頭は浜松区のEF581号機です。
続くのは見事な15両編成の客車、客車の2両目以降14両はすべて軽量客車で決まっているのですが、1両目の荷物車が何とダブルルーフのマニ31?です。後にも先にも営業運転の優等列車でダブルルーフの客車を撮ったのはこの1枚だけでした。(これは青列車さんの鑑定が必要ですね。)
(1969年3月撮影、東海道本線・大船~藤沢、Ricoh Flex New Dia)
b0221605_9521513.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-16 09:54 | 東海道本線 | Comments(9)
山陰本線を移動中の一コマです。おそらく下関方面に向かう列車が動き出してまもなくだと思うのですが、場所は全く不明です。たまたま気付いて、面白そうだとシャッター切ったので、ちょっとピントが甘いです。
この中学生?は結局追いつけずに諦めたような記憶があります。まあ、それにしても今なら考えられないような光景ですね。
(1972年3月撮影、Canon FTb FD100mm/f2.8)
b0221605_10143610.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-15 10:16 | 山陰本線 | Comments(10)

再び山陰の海

ちょっと寄り道をしましたが、山陰の海にもどります。
前回の三見駅から列車はトンネルを抜け海岸線に出ます。ここは当時既に撮影地として知られていましたが、煙がほとんど期待できないのが残念でした。この時もD51牽引貨物がスカでやってきましたが、美しい海岸線がバックアップしてくれました。
(1973年3月撮影、Canon FTb FD100mm/f2.8)
b0221605_1323164.jpg

# by ctr9dmr | 2011-09-14 13:24 | 山陰本線 | Comments(4)

C57135のこと

今日は突然ですが室蘭本線に飛びます。こちらへのカキコのご常連、佐倉さんが大宮の鉄道博物館で静態保存のC57135を調べてこられた記事を拝見していて、アップしました。

この機関車、旧国鉄時代に通常営業では国内最後となる旅客列車を牽引したことで知られています。
写真的にはごく普通の絵ですが、一応ナンバープレートがハッキリ読めるのはこれだけなので、、、。2枚目は後追いです。
撮影は1974年2月ですが、冬の北海道遠征の最後に訪れたことと室蘭本線はあまり特色のない路線で、ただSL列車の本数が多いだけという印象で、何となく来る列車を適当に撮っていたようです。
(本文一部修正しました)
(1974年2月撮影、室蘭本線・栗丘駅、Canon FTb FD200mm/f4)
b0221605_9105952.jpg


More
# by ctr9dmr | 2011-09-13 09:14 | 室蘭本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr