宇治・平等院の蓮

今週初めに上洛しましたが、強烈な湿度と暑さには参りました。
今年は6月前半まで天候不順で蓮花の成長にも影響したようで、開花はどこも遅れがちだったようです。
その後は猛暑が続き、今度はどんどん咲き進んで来たようですが、例年に比べて花数が少なく小ぶりの花が多いように感じました。
今日は久しぶりの更新になりますが、何回かに分けて蓮花シリーズです。

1回目は宇治・平等院です。ここは夏場になると境内に蓮鉢を置くのですが、数が少ないのでなかなか上手い具合に撮り頃の花に巡り会えません。

1枚目、1999年に鳳凰堂前の阿字池の発掘調査で出土した1粒の種から蘇った「平等院蓮」に陽が差し込んで葉陰に浮かび上がっていました。(Leica R9/DMR Elmarit R19mm/f2.8)
b0221605_931682.jpg


More
# by ctr9dmr | 2011-07-16 09:31 | 京都・蓮花(2011年) | Comments(4)

ひと休み

何だかもう梅雨明けだそうで、いったいこの暑さはいつまで続くのやら、、、
まだ7月ですよねぇ、、、ということで、この時期の花といえば蓮花。
見た目は涼やかなのですが、撮るのは汗だく。

明日から汗だくで蓮花撮りに出掛けますので、しばらくお休みします。

(京都・立本寺、2009年撮影)
b0221605_9194360.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-10 09:22 | 京都・花 | Comments(8)

C56 小海線の渓谷を行く

昨日の霧中の撮影後に向かったのは野辺山を越えてさらに小諸側の海尻~松原湖間の渓谷でした。
多少人工構造部の法面もありますが、小雨に煙る中ちょっと山水画を思わせるような谷間をこれ以上出せないという位の爆煙で喘ぎ喘ぎ登ってくるC56貨物です。貨物はたかだか5両なのですが、C56にとっては相当な重荷だったようです。(1971年11月撮影)
b0221605_8482697.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-09 08:50 | 小海線 | Comments(4)
3度目の小海線は朝からほとんど見通しがきかないような濃霧でした。
線路からあまり離れると何も見えない中構えたのは、前日の写真の橋梁の向こう側です。濃霧のせいか清里駅を発車する汽笛が聞こえたような聞こえなかったような、、、
いきなり現れた列車に慌ててシャッターを切りました。撮影したときは霧の中でがっかりしたものですが、今こうして見ると貴重な1枚になっています。(1971年11月撮影)
b0221605_9334440.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-08 09:35 | 小海線 | Comments(6)
1970年11月、2度目の小海線は清里~野辺山間の有名撮影ポイントへ向かいました。
この日は絶好の撮影条件に恵まれ、八ヶ岳連峰をバックにまさに高原列車が行く情景をカメラに収めることが出来ました。現在この場所は木々が生長して線路を望むことは全く出来ないようです。
翌71年にも訪れていますが、この時は濃霧で山並みが全く見えませんでした。

写真の山並みですが、少し手前に見える2つを除いて、左から編笠山、権現岳、最高峰・赤岳(2,899m)、横岳かと思います。
b0221605_13405286.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-07 14:01 | 小海線 | Comments(10)

夏の高原列車

北海道シリーズ?はちょっとお休みして、夏のSLを、、、といってもあまり暑苦しくない絵と思うのですが、まあSL自体涼し気じゃないですので、せめて言葉だけでも「高原列車」ということで、今日は、初めて関東を出て小海線へ遠征したときの写真です。

この当時(1969年7月)は、まだ土曜日が半ドンの会社が多かった時代で、週末の中央線新宿駅の23:00以降は別世界でした。何しろ定期・臨時を含め何本もの急行「アルプス」や普通列車が10~20分ヘッドで7~8本、松本・南小谷・岡谷へと出発していました。そんな中で1:00頃一番最後に出発する臨時「霧ヶ峰高原・八ヶ岳高原」号がありました。

夜明けの小淵沢駅に到着した列車は、まもなく岡谷行き「霧ヶ峰高原」号だけ出発。残された野辺山行き「八ヶ岳高原」号は何故か1時間位停車していました。その間に小海線一番列車に乗り込み、清里駅へ先行到着。甲斐大泉側へ撮影場所を求めて線路端を歩いたのですが、行けども行けども線路端から脇に出るところがありませんでした。そうこうするうちに遠くに汽笛が、、、結局、こんな写真を撮っていました。まあ、背後に南アルプスらしき山並みが写っているだけですが、わずかながら高原の清々しさが伝わるでしょうか?
b0221605_10372653.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-06 10:42 | 小海線 | Comments(2)

渚滑駅の朝

こう毎日暑い日が続くと、雪の写真しかアップできなくなっちゃいますね。
というか、なんとなく冬の北海道シリーズ、、、今日は今はなき名寄本線渚滑駅です。
たまには畳に上で寝なきゃ、ということで、渚滑線との分岐駅でもあり、旅館くらいあるだろうと降り立ったのがこの駅でした。ま、確かに旅館はあったのですが、何となく部屋が傾いていて、ドア式の部屋の扉が閉めても、ギィ~と開いてしまうのには???でしたし、寒かったですねぇ。

今となっては方向が皆目分からないのですが、雪を巻き上げて真っ白になったキハ22・2連が到着するところですね。本命は駅で停車中の9600牽引の貨物の発車ですが、、、(1974年2月撮影)

名寄本線は1989年に、渚滑線は1985年に廃止されました。
b0221605_13461339.jpg

# by ctr9dmr | 2011-07-05 13:47 | 名寄本線 | Comments(2)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr