晩秋の野辺山駅

蓮撮影に行ってきましたが、まだ現像が間に合っていませんので、小海線の続きです。
この年の11月に鉄研の有志で小海線の撮影に出掛けましたが、お天気は散々で、
早朝は霧、その後はみぞれや雨で難儀しました。また、当時では珍しい車での追いかけての撮影でした。
結果的にはどこで撮ったのかのメモがなくて、、、ここは駅名が写っていましたので明快です。
(1971年11月撮影、小海線・野辺山駅、Ricohflex New Dia)

糸魚川区から借り入れていいた形式入りプレートの125号機、C56にこのプレート、なんだか巨大に見えます。
b0221605_9314241.jpg


More
by ctr9dmr | 2015-07-03 09:35 | 小海線 | Comments(4)

八ヶ岳高原号

随分前にアップしたことがありますが、再現像して再掲します。
四季ごとに臨時列車として運転されていた「八ヶ岳高原」号、新宿を深夜に出発して小淵沢からはC56が3両の客車を喘ぎながら牽いていました。
標高1,300m付近を行く、まさに高原列車でした。
この日は本当に運が良くて、八ヶ岳連峰が優美な姿を見せてくれました。
(1970年11月撮影、小海線・清里~野辺山、Ricohflex New Dia)

今日から蓮撮影のため返信が遅れますが予めご了承願います。

b0221605_2137358.jpg

by ctr9dmr | 2015-06-29 09:28 | 小海線 | Comments(6)

高原のポニー

今日は同じ小海線でも季節は初冬です。
デフの支持棒がかまぼこ形をしているので、C56125号機ですね。
形式入りの立派なプレートを付けていましたが、ちょっとピントが甘くてよく見えません。
当時でも有名だった清里~野辺山間に架かる鉄橋の下から撮っています。
(1970年11月撮影、小海線・清里~野辺山、Ricohflex New Dia )

b0221605_9503787.jpg

by ctr9dmr | 2015-06-28 09:50 | 小海線 | Comments(8)

夕暮れ

清里から小淵沢に戻ると既に夕暮れの時間帯、大カーブまで行くには時間が足りないと思いつつ、
どこか途中で撮れるところはないかとロケハンするうちに遠くから汽笛の音が、、、
結局どこだか分からないような場所で流し撮りになってしまいました。
(1969年7月撮影、小海線・小淵沢付近、Ricohflex New Dia)

b0221605_8544545.jpg

by ctr9dmr | 2015-06-27 08:55 | 小海線 | Comments(4)

夏・清里駅

昨日の「ゆうづる」撮影後、新宿から「八ヶ岳高原号」に乗車して小海線へ行っています。
初めての小海線、撮影地情報はほとんどなく、清里駅近くで上りの「八ヶ岳高原号」の発車を撮っていました。
ここからは小淵沢までひたすら下りのうえ、夏場ですので微かにドレインの蒸気が見えるだけです。
(1969年7月撮影、小海線・清里駅、Ricohflex New Dia)
b0221605_847466.jpg

by ctr9dmr | 2015-06-26 08:47 | 小海線 | Comments(4)

浜田機関区(4)

浜田機関区を駅側から見た絵です。D511067は給炭・給水完了のようです。
(1973年8月撮影、山陰本線・浜田機関区、Canon FTb FD200mm/f4)
b0221605_8591718.jpg


More
by ctr9dmr | 2013-08-20 09:02 | 山陰本線 | Comments(4)

浜田機関区(3)

機関庫の中は薄暗いですが、明暗のトーンが上手く出せればなかなか良い感じです。
これもデジタル化で雰囲気が出るようになりました。
(1973年8月撮影、Canon FTb FD100mm/f2.8、FD35mm/f3.5)
b0221605_85633100.jpg


More
by ctr9dmr | 2013-08-12 08:57 | 山陰本線 | Comments(6)

浜田機関区(2)

浜田機関区のさほど広くはありませんでしたが、機関庫は煉瓦積みの外観が良い感じでした。
(1973年8月撮影、Canon FTb FD35mm/f3.5)
b0221605_8213725.jpg


More
by ctr9dmr | 2013-08-11 08:22 | 山陰本線 | Comments(2)

奥能登を行くC56

昔SLを撮っていた頃、大型蒸気よりも8620とかC56、C11などに興味があったようで、
あまり遠出をしなかった割には非効率な路線に出向いたようです。
このときは米坂線撮影後、坂町に出て夜行の急行「きたぐに」で金沢に向かい、朝一番で七尾線の穴水に向かいました。
雪が降る寒い日で、1往復しかない貨物の下り列車だけ撮って、引き返すという非効率きわまりない行程でした。
降雪のため明るさ不足でやむを得ず流し撮りになったようです。C56154(七)。
(1970年3月撮影、七尾線・穴水~能登三井、Ricoh Flex New Dia)
b0221605_939437.jpg

by ctr9dmr | 2013-01-22 09:39 | 七尾線 | Comments(4)

飯山線定番のC56

関東に近いところでC56が走る路線は、小海線、飯山線、大糸線が知られていました。
千曲川沿いに長閑に走るイメージを探していたようですが、昨日の撮影場所の近くで撮ってます。
初めての飯山線ということもあってか機関車をメインにしたかったようです。
(1970年5月撮影、飯山線、替佐~蓮、Ricoh Flex New Dia )
b0221605_8534237.jpg

by ctr9dmr | 2012-11-13 08:54 | 飯山線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr