超ローカル 只見線

上越線小出駅からは只見線が分岐していますが、小出駅を発車する列車は1日4本しかありません。
停車中の列車は13:11発で、この日の2番列車です。この列車を乗り過ごすと次は4時間後の17:10までありません。
同じ只見線でも会津若松側とは雲泥の差、超が付くローカル線ですね。
(2016年10月21日撮影、2424D、キハ402020+キハ47522、Fujifilm X-Pro2 XF16-55mm)

b0221605_21205677.jpg


More
by ctr9dmr | 2016-10-31 09:10 | JR高崎線・上越線 | Comments(8)

惣郷川橋梁へ

さて、レンタサイクルで東萩駅へ戻っても益田方面へ向かう列車は夕方までありません。
そこで、路線バスを利用してまずは道の駅・阿武町へ向かい、惣郷行きのバスに乗り継ぎます。
惣郷行きのバスは防長バスが運行していますが、いわゆるコミュニティバスのような感じです。
途中、奈古駅、木与駅、宇田郷駅と、本数の少ない山陰本線をカバーしているようです。

川尻バス停で下車すると、目の前に惣郷川橋梁があります。このバスは意外と便利です。
下りる直前に気付きましたが、宇田郷側2径間になんと黄色い足場が掛かっています。
こういうのをまさに想定外というのでしょう。一瞬、エッという感じでした。

とは言え、ここまで来ているので予定通り撮影ポイントに向かいました。
晴れていれば夕陽をバックにという構図も考えられますが、どうも期待できそうもないので、海側からの撮影と決めました。
しばらくは海を眺めながら時間をつぶすことになりそうでしたが、先日コメントを頂いた「たか」さんとお話ししながらでしたので、トワイライトが来るまで退屈せずに済みました。
(2015年9月7日撮影、JR山陰本線・宇田郷~須佐、Fujifilm X-T1 XF10-24mm)

b0221605_9272169.jpg


More
by ctr9dmr | 2015-09-17 09:36 | JR山陰本線 | Comments(6)

山陰海岸を行く

特別なトワイライトエクスプレス・山陰コースを復路で捉える場所は、当初阿武川橋梁を考えていましたが、
自転車があればかなり行動範囲が広がりますので、足を延ばして定番の玉江~三見へ向かいました。

この日は時々晴れ間も見えましたが、午後も雲が多く海も多少荒れていましたので、道路からお手軽撮影です。
高いところに登ればもっと眺めは良いのですが、かなり急な登り道のようなので諦めました。
(2015年9月7日撮影、JR山陰本線・玉江~三見、Fujifilm X-T1 XF10-24mm)

まずは露払いでやって来た長門市行きの1569D・キハ120です。
b0221605_16452941.jpg

by ctr9dmr | 2015-09-15 09:33 | JR山陰本線 | Comments(6)

東萩到着

途中の長門市で1両切り離して列車番号も820Dから1564Dとなり、ようやく東萩駅に到着しました。
山陰海岸を眺めながらということもあって、思っていたほど退屈ではありませんでした。
(2015年9月7日撮影、JR山陰本線・東萩駅、Fujifilm X-T1 XF16-55mm)

b0221605_9283032.jpg


More
by ctr9dmr | 2015-09-14 09:35 | JR山陰本線 | Comments(4)

五能線・深浦海岸

日本海側を走る五能線、当時も今も超ローカル線です。今は観光路線として人気もありますが、
当時は生活の足として欠かせない路線でした。
この年は暖冬で、3月はじめとは思えない風景ですが、風だけは強く寒かったことを覚えています。
(1972年3月撮影、五能線・深浦~広戸、Canon FTb FD35mm/f3.5)

五能線の混合列車を撮るべく鉄道雑誌で見掛けた撮影ポイントを探しているところへDCが、、、
慌てて撮ったのがこの絵ですが、後ろの岩礁を入れようとして縦位置で撮ったようです。

b0221605_972520.jpg

by ctr9dmr | 2015-08-13 09:08 | 五能線 | Comments(4)
上郡駅では30分の運転停車ということで、駅に戻って線路脇から接近撮影です。
(2015年6月6日撮影、JR山陽本線・上郡駅、Fujifilm X-T1 XF16-55mm)

b0221605_19151082.jpg


More
by ctr9dmr | 2015-06-11 09:11 | JR山陽本線 | Comments(4)
ツアー列車が琵琶湖を周遊している間に新快速とひかりを乗り継いで相生までやって来ました。
山陽本線はその昔、須磨海岸あたりでブルトレを撮って以来ですので、初めてみたいなものです。
相生から少しくだって上郡駅で下車です。この駅からは智頭急行線が出ています。
(2015年6月6日撮影、JR山陽本線、有年~上郡、Fujifilm X-T1 XF16-55mm)

上郡駅の近くを流れる千種川を渡る9023レです。山陽本線での牽引は下関区のEF651128です。
細い通信ケーブル?らしきものが列車の屋根付近に掛かっていますが、少し離れるとほとんど分かりませんね。
b0221605_8354664.jpg


More
by ctr9dmr | 2015-06-10 08:41 | JR山陽本線 | Comments(6)

長万部駅

40年前に一度降りたはずなのですが、記憶は全く残っていません。ただもっと活気があったような、、、
現在は、7:15~19:15まで有人で夜間は無人になっているようです。
(2014年7月16日撮影、JR長万部駅、Fujifilm X-T1 XF18-55mm)

駅北側の跨線橋から長万部駅構内の全景です。
b0221605_8384716.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-08-04 08:48 | JR室蘭本線 | Comments(4)

北舟岡で駅撮り

長和の丘での撮影後、午後まで時間が余るので、一度室蘭へ戻り昼食後に再び列車撮影です。
いろいろ事前調査はしていましたが、午後のメインは上り・トワイライトエクスプレス。
この日も結構暑かったため、駅から遠いところは避けたいということで、結局北舟岡駅にしました。

北舟岡駅も無人駅ですが、屋根なしの跨線橋があって撮影にはお誂え向きです。
午後からは空気か随分乾燥してきて、かろうじて駒ヶ岳が望めるようになりました。
(2014年7月15日撮影、Fujifilm X-T1 XF18-55mm)

最初は後追いですがキハ40単行の485D・東室蘭行きです。
普通列車もせいぜい1時間に1本ですから練習用には貴重です。(笑)
b0221605_821288.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-08-03 09:04 | JR室蘭本線 | Comments(4)

東室蘭→長和

東室蘭で1泊して翌日5:50発の長万部行きで再び長和へ向かいます。
この日も相当な不快指数で、対岸を望めるような条件ではありませんでしたが、、、

40年前に訪れた東室蘭駅の印象とはかけ離れていましたが、今でも交通の要衝として駅は活気がありました。
左手に停車しているのが、乗車する470D長万部行き、右手の列車は苫小牧行きです。
いずれも北海道らしく非冷房車、主力のキハ150系+キハ40系の混成です。
(2014年7月15日撮影、Fujifilm X-T1 XF18-55mm)
b0221605_8315598.jpg


More
by ctr9dmr | 2014-07-30 08:36 | JR室蘭本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr