人気ブログランキング |

第2只見川橋梁(1)

たまたま佐倉さんのブログを拝見していて気付きましたが、今年は1971年8月29日に只見線が全線開通してから40周年だったんですね。
ということで、後からとってつけたようで何ですが、今日は、只見線全線開通40周年前祝いシリーズ第2弾です。(笑)

昨日の第1橋梁の次は会津西方~会津宮下間に掛かる第2橋梁です。写っている列車は昨日と同一列車で、撮影場所も全く同じです。会津若松行きの列車ですのでこちらを先に撮影しています。さすがに隣駅のさらに向こうですので200mmレンズでも列車は小さく見える程度ですね。同じ場所でイメージの違う絵が撮れるということでこの旧道は絶好の撮影ポイントでした。(1972年8月撮影、Canon FTb FD200mm/f4)
b0221605_1546849.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2011-07-26 10:40 x
只見線は、C11が小さく映っているほうが、雰囲気でますね。
今年の秋は、ぜひ只見に行ってみてください。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-07-26 16:02 x
山間部で谷が深いですし、鉄橋も高さがありますから列車主体で撮るのはもったいない感じがします。
秋の只見線も良さそうですねぇ、、、
Commented by 佐倉 at 2011-07-26 21:00 x
 佐倉の会津訪問は随分遅くて1974年でした。
 既に客レは無く、貨物だけでした。

 第1橋梁を南側で下から撮っているので、多分旧道を通ったのだと思いますが、第2橋梁が遠望出来るのは気が付きませんでした。
 グリコ顔負けの撮影地ですね。(^-^)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2011-07-26 21:47 x
客レが廃止されたのが全線開通からほぼ1年後の1972年10月でした。

ここへはこの年の春先に一度来ていまして、どうしても200mmレンズが欲しくなり、夏休み前半のアルバイトで何とか手に入れて撮ったので思いいれのある写真です。ホントに1粒で二度美味しい思いができた場所でした。
by ctr9dmr | 2011-07-26 10:08 | 只見線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr