人気ブログランキング |

長閑な眺め

八高線に限らず関東近郊の非電化区間では気動車が長閑に走っていました。
普通列車の場合、まるで模型みたいに色々な形式の車両を繋いでいました。
この編成はキハ10系と35系の混合で、ポピュラーなパターンですね。
(1969年12月撮影、八高線・金子~東飯能、Olympus Pen FT Zuiko 100mm/f3.5)
b0221605_9505693.jpg

Commented by カメサン at 2012-03-06 12:12 x
こんにちは
毎日楽しく拝見しております。八高線は、本当に東京近郊とは思えないようなロケーションが沢山あったのですね。結局、非電化中は、八王子の多摩川で取った写真しかありません。もっと撮っておくべきだったと後悔しています。
Commented by 佐倉 at 2012-03-06 14:45 x
 雑木林の間を抜ける少しカーブした築堤,なかなか良いロケーションですね。
 光線も半逆光で,サイドが光って列車が引き立っています。
 こうして画面の端に木を入れる撮り方,昔は良くやりました。(笑)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-03-06 16:09 x
カメサンさん、
ご無沙汰してます。
八高線は私の所からはちょっと遠かったので2回しか行きませんでしたが、
なかなか良いロケーションで、長閑でした。
総武本線も相当長閑でしたが、今では考えられないほどの変わりようですね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-03-06 16:12 x
佐倉さん、
この区間は片側だけですが勾配区間もあって、良い撮影場所でした。
鉄道ファンあたりの撮影地ガイドを見て行ったのだと思います。
左側の枝、もう少し工夫した方が良いのに、当時はこれでも考えたつもりだったんでしょう。(笑)
Commented by 枯れ鉄@志賀高原 at 2012-03-07 07:04 x
気動車とりわけ10系の走る姿は、それだけで長閑さを感じますね。
不思議な魅力です。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-03-07 15:48 x
枯れ鉄さん、
そうなんですよね。このキハ10系というのは不思議な魅力があります。
ただ、そう思うようになったのは最近です。もっと撮っておけば良かったのにと思います。
by ctr9dmr | 2012-03-06 09:52 | 八高線 | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr