人気ブログランキング |

第2只見川橋梁(2)

滝谷川橋梁で撮る前に会津檜原で下車して、第1只見川橋梁を見渡せる場所へ行っています。
この頃は旧道も現役でしたので、ただ歩いて行くだけで撮れましたが、この旧道からは第2只見川橋梁も見えていました。
会津檜原~(第1只見川橋梁)~会津西方~(第2只見川橋梁)~会津宮下~(第3只見川橋梁)~早戸と続いて、まさに只見線の好撮影地の連続でした。

この時初めて両方の鉄橋が見えることに気づきましたが、第2の方はかなり遠いので、どうしても200mm位の望遠レンズが欲しくなって、この年の夏にリベンジしています。
冬場でしたので、かろうじて白煙が見えて列車だと分かります。
(1972年2月撮影、只見線・会津西方~会津宮下、Canon FTb FD100mm/f2.8)
b0221605_8195972.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2012-05-19 11:03 x
これはまた凄い構図ですね。
手前に左右からせり出している断崖が、面白い雰囲気を引き出していますね。
Commented by 佐倉 at 2012-05-19 15:21 x
 以前に望遠で撮影された写真を見せて頂きましたね。
 今回は焦点距離は短いですが、周囲の状況が良く分かり、残雪もあって、こちらの方が好みです。
 煙と鉄橋も良く見えますから、蒸機の存在感もあります。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-05-19 19:53 x
枯れ鉄さん、
このあたりはホントに素晴らしい眺めで、特に手前の岩が印象的でした。
加えて、一粒で二度おいしい撮影場所でした。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-05-19 19:55 x
佐倉さん、
撮影順としては今回の方が先ですが、やはり冬場の方が絵になりますね。
当時はもっと引きつけて撮りたいと思ったのですが、今見れば、こちらの方がよいです。(笑)
by ctr9dmr | 2012-05-19 08:22 | 只見線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr