人気ブログランキング |

夏の朝

1972年の夏休みに再訪した只見線は、朝から暑くなりそうなお天気でした。
会津若松を朝一番の列車に乗り込み、このときも会津檜原の向かいましたが、
その途中、駅は分かりませんが、C11248が朝の仕業仁向けた準備?をしていました。
(1972年8月撮影、Canon FTb FD50mm/f1.4)
b0221605_8333753.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2012-05-22 10:01 x
古きよき時代というか、のんびりした雰囲気でも、活気を感じる世界ですね。
まだ高くない朝陽が、そんな雰囲気をかもし出しているのでしょうか。
じぃ~んとくる一枚です。
Commented by 佐倉 at 2012-05-22 10:12 x
 1972年は社会人一年生、夏休みは北海道でしたが、やはり暑かったですね。
 DCで蒸機の牽く客レを追い越して行くところでしょうか?
 光線の向きからすると南下しているところですね。と言うことは、西若松辺りでしょうか?
 看板(近所の名所案内?)の文字が読めれば分かるかも知れませんね。
 
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-05-22 16:21 x
枯れ鉄さん、
長閑な中にも人が人らしく生きていた時代とでも言うのでしょうか。
タイムスリップしたくなるような光景ですよね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-05-22 16:28 x
佐倉さん、
改めて原画を拡大してみましたら、右端に写っている窓に掛かっているのは、
駅名表示のようです。判明できたのはローマ字だけですが、駅名表記は、
「AIZU・・・」、隣駅の表記が「WAKAM・・・」でしたので、会津坂下駅のようです。
隣駅は若宮駅ですので、多分間違いないと思います。
by ctr9dmr | 2012-05-22 08:34 | 只見線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr