人気ブログランキング |

伊佐領駅発車

手ノ子での撮影後、宇津峠の反対側、伊佐領へ向かったようです。
ここでは深い雪ということで、最初から駅近くで発車シーンを撮ることにしたようです。
若番の9634(米沢)が来ましたが、キューロクにはやはり大型ヘッドライトに化粧煙突の方が似合いますね。
この時は4桁のキューロクが撮れたので満足していましたが、、、
(1970年3月撮影、米坂線・伊佐領付近、Ricoh Flex New Dia )
b0221605_8285487.jpg

Commented by 佐倉 at 2012-06-16 09:03 x
 ちょっと見、96ではなくて違う形式に見えてしまいますね。
 雪が相当深そうですが、この時は止んでいたようですね。
 4桁96というと、有名なこの罐の兄貴分9633と、かなり弟の9654しか撮った事がありません。
 4桁は少なかったですね。
Commented by 枯れ鉄 at 2012-06-16 09:51 x
今も梅小路に保存されている9633の弟分ですね。
足回りが少し雪に隠れているところが、雪深さを物語ってますね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-06-16 18:32 x
佐倉さん、
この時はちょうど止んでいたようですが、この後また降り出しました。顛末は明日アップします。
キューロクの若番はこれしか撮りませんでした。この頃は、まだそれなりにあったようですが、、、
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-06-16 18:34 x
枯れ鉄さん、
そうですね。保存機の9633とは1番違いですね。
手ノ子側よりも雪が深かったので、思うように動けず、駅からあまり離れないで撮ったようです。
by ctr9dmr | 2012-06-16 08:30 | 米坂線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr