人気ブログランキング |

雨上がりの高雄・神護寺(2)

高雄・神護寺の2回目です。
近年はあちこちで夜間ライトアップが盛んになって、神護寺でも行っています。
かなり工夫をしていて、歩いていても機材がほとんど目立たない配慮がされているようです。

今日1枚目は、人出が少なかったので金堂に上がる石段の途中から撮ったものです。
(2012年11月15日撮影、Fujifilm X-Pro1 Leica Vario Elmar R21-35/3.5-4)
b0221605_9372128.jpg





2枚目は、金堂前です。このポイントが好きで毎回撮るのですが、この楓は毎年色づきが半端なのが難点です。
今年も今ひとつでしたが、朝陽が差し込んでイメージ的にはまずまずといったところでしょうか。
(Fujifilm X-Pro1 Voigtlander Super Wide Heliar 15mm/f4.5 LEDライト使用)
b0221605_9432037.jpg

神護寺最後は、金堂前から五大堂と毘沙門堂(奥)を見下ろす定番写真です。
雨上がりで銅葺きの屋根が光っています。
(Fujifilm X-Pro1 Leica Vario Elmar R21-35/3.5-4)
b0221605_9455589.jpg

Commented by 佐倉 at 2012-11-18 12:59 x
 何れも綺麗ですが、日当たりが良い場所の楓は特に綺麗に色付く感じですね。
 2枚目のような撮り方になると、普通に撮ったのでは楓の光量が不足なのでしょうね。
 同じような撮り方をするときストロボを使っていますが、光量調整が難しく不自然になってしまいます。
 LEDライトは光量が調整出来るのでしょうか?
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-18 14:17 x
佐倉さん、
確かに日当たりの良い樹の方が色づきがよいようです。
木の裏側に入ると透過光頼りですが、葉が多かったり重なっていると黒っぽくなりますね。
絞りを開けると空が飛んでしまいますので、補助光になるのですが、
以前はストロボの光量を調節して撮っていましたが、今回はLEDを使ってみました。
LEDライトは光量調節できるタイプなのですが、ストロボに比べると光量不足は否めません。
今回はカメラから葉までの距離が1.5m位でしたのでギリギリですね。
ストロボだと自然な感じにするのが難しく、LEDライトは条件が限定されるという感じです。
Commented by よっぱらいのこびと at 2012-11-18 17:02 x
1枚目の石段まで含んだ構図、とてもいいですね。
R21-35、ふところの深そうな、硬すぎない描写、いいですね。

この週末は今秋撮影のバラの写真で遊んでいたらつぶれてしまいました(笑)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-18 19:01 x
こびさん、
ライトアップの演出用に石段の両サイドに照明器具が置いてあるので、
こんな感じで撮ってみましたが、結構気に入ってます。
R21-35はRレンズでは新しい設計なので、デジタルでの相性も良いです。

Commented by 枯れ鉄 at 2012-11-18 21:17 x
2枚目が好きです。
雨上がりの屋根の濡れ、紅葉の色合いがいいですね。
このブログで、京都の秋を満喫できます(^^)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-19 08:48 x
枯れ鉄さん、
ありがとうございます。
屋根というのは雨に濡れると随分印象が変わって、良い雰囲気になります。
京都も今週あたりがあちこちで見頃になりそうですが、そういうタイミングに行っていないという、、、
また来週行きますが、、、(笑)
Commented by ボン村上 at 2012-11-21 22:29 x
1枚目、良いですねぇ。
楓のグラデーションも石段の質感や散っている葉っぱも。

去年行きましたがイマイチだったものなぁ、、、今年は行けないし(^_^;)
来年、、、再挑戦です。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2012-11-22 08:36 x
ボン殿、
ここも数年前から夜間ライトアップしているので、石段全体を入れる構図は撮りにくいです。
この日は予報では雨模様でしたので、朝方は人出もほとんどなくて、石段の途中でものんびり撮れました。
来年は是非どうぞ。
by ctr9dmr | 2012-11-18 09:48 | 京都・紅葉(2012年) | Comments(8)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr