山陰本線・浜田駅

ちょっとネタ切れになりましたので、昔の写真シリーズです。

1973年8月の夏休みに鉄研の合宿で訪れた山陰本線浜田駅です。
グループでの行動は後をついて行くというパターンになりやすいので、撮影に関する記憶がほとんどありません。
このカットは機関区内を撮った中にありましたので、浜田機関区から駅方向を撮ったモノだと分かりました。
D51がのんびりと留まっている後方には急行でしょうか、冷房なしですから窓が派手に開いています。
(1973年8月撮影、Canon FTb FD200mm/f4)
b0221605_8574875.jpg

Commented by 青列車 at 2013-08-08 15:18 x
ホームに停車中のキハ58系、どうやら解結作業中ですね。3両めと4両目の間が随分と開いていますね。
そして2両目、これだけは車体裾絞りが無いところを見るとキハ55系ですね。窓ピッチが狭く見えるところを見ると旧キロ25格下げのキハ26-400でしょうか?
急行ハザ車にまだ冷房が普及していない頃はキハ55系も結構急行運用に駆り出されていたものですがキハ26-400はその居住性の良さからしばしば指定席車に重宝されたそうです(丁度山陽~九州夜行のハザ車にスハ44・スハフ43=主としてスハ改造の10番台=が専ら充てられていたような感触でしょうか?)。
しかし後年九州で出会った同形式はロングシート化改造された600番台で思いっきりしょげかえった事のも今は思い出です(^^);
Commented by 佐倉 at 2013-08-08 18:26 x
 浜田駅は一度だけ降り立った事がありました。
 駅の西側から写真を撮りましたが、雪の降っていたころで、短靴がベチャベチャになった覚えがあります。
 駅近くには確かC57が静態保存されていました。

 この写真を撮られた場所は機関庫の前でしょうか?
 中央の櫓は給水タンクの様でも無し、石炭の様でも無し、何でしょうね?
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-08-08 19:48 x
青列車さん、
さすが、目の付け所が違いますね。解結作業中とは、、、指摘されるまで全く気付きませんでした。(笑)
この頃はキハ58系・キハ55系の混成列車をよく見かけました。
乗車するときもキロ26格下げ車両に当たると得をした気分になったものです。
気動車の写真は、たまたま写っていたというのが多いです。
もっとまめに撮っておけば良かったですね。
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-08-08 19:51 x
佐倉さん、
機関庫の前あたりから転車台を挟んで撮っています。
この時は確か先輩が運転するレンタカーで移動したりしたので、駅撮り以外は場所不明の絵が多いです。
目立つ櫓風のモノはなんでしょうね。見ていてもさっぱり分かりません。
Commented by 枯れ鉄 at 2013-08-08 21:49 x
D51は833号機のようですが、この位置だと後藤デフかどうかわかりませんね。
キハ26がまだ急行に組み込まれていた時代というのが、年代を感じます。400番台は狙い目でしたね(笑)
Commented by tamura@ctr9dmr at 2013-08-09 21:15 x
枯れ鉄さん、
正面からですと判別しがたいですね。
キハ26の系列は、繁忙期になると臨時の急行あたりに動員されていたのでしょうね。
この頃には普通列車でもよく見かけました。リクライニングだと得した気分でした。
by ctr9dmr | 2013-08-08 08:59 | 山陰本線 | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr