人気ブログランキング |

EF57の肖像(2)

鉄道100年・記念イベントの一つとして公開された田端機関区での1枚です。
この時は東京機関区と共に敷居の高い場所が公開されました。
東京機関区は自由に歩けましたが、田端機関区は限られた場所だけだった記憶があります。
(1972年10月撮影、Canon FTb FD100mm/f2.8)
b0221605_8495436.jpg

Commented by 佐倉 at 2014-06-14 15:29 x
 鉄道100年記念だと10月14日でしょうかね。
 当時はまだ蒸気機関車が一杯走っていたので、電気機関車を撮ろうと考える事も無く、こうした機関区の公開にも行った事がありません。
 ゴナナやゴハチがゴロゴロしていて、今にして思えば近くだから行っておけば良かったと...
Commented by tamura@ctr9dmr at 2014-06-14 16:07 x
佐倉さん、
10月14日ですね。この年は千葉鉄管内で新津のC571が梅小路へ回送される途中に記念列車を牽引し、
東鉄局管内では紀伊田辺区のC577が汐留~東横浜まで記念列車を牽引しました。
いずれアップしたいと思います。

田端機関区と東京機関区は、通常、見学許可が下りなかったと記憶していますので、
この日は希少価値ありで出掛けたのだと思います。
Commented by 枯れ鉄 at 2014-06-16 00:06 x
一度も見たことはないのですが、EF57には凄い魅力を感じます。
パンタグラフが前に突き出ているのに、スタイルに纏まりを感じます。
Commented by ctr9dmr at 2014-06-17 09:10
枯れ鉄さん、
大きなデッキに加え前方に飛び出したパンタグラフが絶妙なバランスです。
これとは対照的なEF56とどちらが良いかというのは、なかなか難しい選択です。(笑)
by ctr9dmr | 2014-06-14 08:50 | 東北本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr