人気ブログランキング |

特別なトワイライトエクスプレス(4)

上郡からその日のうちに徳山まで移動し、翌日は瀬戸内海をバックに撮影です。
山陽本線は瀬戸内海沿いに走るところもありますが、意外とバックに海を入れられるポイントは少ないようです。
この場所へ行くにはかなり登るので、駅からは1時間程度掛かりますが、帰りは下りなので40分ほどです。

左手に大きく見えるのが大津島、その右手の小さな島が五ッ島、右後方が野島のようです。
このあたりは周防灘と呼ばるエリアで海の向こうは国東半島です。
(2015年6月6日撮影、JR山陽本線・戸田(へた)~富海(とのみ)、Fujifilm X-T1 XF50-140mm)

特別なトワイライトエクスプレス(4)_b0221605_11234478.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2015-06-12 10:05 x
ここまで行かれましたか。
じつは、九州からこちらに移動することも考えたのですが、ちょっと厳しいスケジュールでしたので、止めました。行っていれば遭遇していたかも知れませんね。
ここは、車では厳しいですか?
Commented by tamura at 2015-06-12 10:36 x
枯れ鉄さん、
瀬戸内海バックで一番有名なのは大畠駅近くの周防大島へ渡る大島大橋からの俯瞰のようですが、
かなりの人出のようなので今回はこちらにしました。

ここは四郎谷へ抜ける道路沿いなので車なら難なくこれます。
中国道・徳山西ICの真下を海の方へ抜ける道を上り、道が下りなってまもなくの場所ですので、すぐに分かります。
Commented by np35vrt at 2015-06-12 15:12
う~~~ん・・・凄い!!!
それにしても、「かなりの人出のようなので」と言うことは
あちこちに鉄道マニアの方が三脚の列を作っているということでしょうか?
Commented by 青列車 at 2015-06-12 15:14 x
これはこれは遠路はるばるよくぞこんなところまで…(^^;)この場所は今でこそクルマならアクセスは容易ですが、その昔まだC62・D52・C59の活躍していた頃の諸先輩方はどうやら…戸田駅から線路沿いの道を進み、桑原トンネル・烏賊ヶ浜トンネルを抜けていたようです(今ではご法度ですが当時は地元民も近道として鉄道トンネルを抜けていたものです。まだ駅員配置だった頃の富海駅に電話すれば大畠トンネル内作業用照明を点けてくれたりしたものでした(トンネルの入り口にその旨記載した看板がありました。もっとも私が小学生だった1970年代の話です。現在は真反対で「あなたはトンネルに命を懸けますか?」って書かれた看板があります)(^^;)ここ四郎谷集落に駅でもあれば思いっきり便利なのでしょうが駅設置の可能性は皆無でしょうねorz。このあたりは電化工事の際トンネルを新規に2つも掘り上下線を移設する大工事が行われ、蒸機時代とは随分と面影が変わっています。ここに限らず広島~新山口(当時は小郡)間は大小合わせて20位トンネルがあり断面の関係で掘り下げや掘り直しもいっぱいありました。その関係からか広島~小郡間は電化が遅れ三原~広島間の電化完成1962(昭和37)年より2年、小郡~下関間電化完成1961(昭和36)年より3年遅れた1964(昭和39)年までずれ込みました。もっとも…そのおかげで1960(昭和35)年生まれの小生が山陽本線のC62牽引列車を実見しまた体験することができ物心つくかつかないかの頃の原風景として半世紀たった今でも強烈に焼き付いています。そうそう、当時の富海小学校・中学校の遠足の目的地がここの浜辺、山陽本線をアンダークロスした先の場所でしたが…当時の道は今も残っているでしょうか?何分にも40年以上も前のそれも未舗装道路、その間界隈の過疎化は限界集落同然にまで進んでいますので今となっては…神のみぞ知る世界になりつつあります(^^;)
Commented by tamura at 2015-06-12 16:07 x
にこらいさん、
このエリアは鉄道ファンの数も首都圏や関西圏ほどではありませんが、
人気があってキャパに余裕があるお立ち台は結構な人出になるようです。
記事にも書いた大畠駅近くの橋上は50人以上いたとの情報でした。
Commented by tamura at 2015-06-12 16:13 x
青列車さん、
こちらの方は地元でしたか。
今では道路が出来たとはいえ、徒歩ですとずっと登りなのでまさに峠越えです。
駅からの距離は3㎞ちょっとという所ですが、行きは1時間かかりました。
でも、着いてみればこの眺めですので、疲れも一気に吹き飛びます。
海沿いは意外と平坦なところが少ないので、トンネルがいくつもあって先人達の苦労が忍ばれますね。
Commented by 佐倉 at 2015-06-12 18:20 x
 素晴らしい俯瞰場所が有るんですね。
 瀬戸内海バックでしかも田圃では水鏡にもなっているではないですか。(笑)
 ここ、行ってみたいですねぇ。
Commented by tamura at 2015-06-12 18:47 x
佐倉さん、
瀬戸内海をバックに入れて撮れるポイントは少ないですので、希少な場所ですね。
ここは順光になる時間がほとんどないので、薄曇りくらいが丁度よいようです。
ミニ水鏡、気付かれましたか、、、私は撮り終わってから気付きました。(笑)
Commented by np35vrt at 2015-06-12 20:49
そんなにすごいのですか・・・
そういえば、今はどうか知りませんが、かつてSLが走るときの沼田のモツ煮屋・長い食堂辺りだったか、R17号の歩道もないところに三脚が並んでた記憶が・・・。
今も旧(?)信越線の安中あたりではたまに三脚の列見かけます(^_^;)

それにしても海と小島、田んぼ・・・
日本の風景ここにありって言う感じがします。
Commented by 青列車 at 2015-06-12 23:11 x
では折角ですから拙ブログに紹介した界隈の「お立ち台」をいくつか…
お目汚しの段平にご容赦の程…
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200810080000/
四郎谷集落から
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200810120000/
山陽道下り富海パーキングエリアより
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200805110000/
富海界隈より
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200805070000/
四郎谷集落にて、民家のすぐ脇ですので失礼やご迷惑の無い様に…
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200902220000/
富海~防府間、末田界隈にて
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200812140000/
ちょっと西より、嘉川~本由良間にて
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200902210000/
厚東~宇部間にて
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200805120000/
四郎谷より少し東(東京寄り)の戸田漁港から
http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/diary/200806060000/
界隈の定番スポット大島大橋より

いずれもまだ「はやぶさ・富士」が元気だったころのものです。
Commented by tamura at 2015-06-13 10:37 x
にこらいさん、
現行では山陽本線で定期運用の客車列車がありませんので、人出も多くなりますね。
今回は大阪→下関が土日運行なので、特に集中しているようです。

昔ながらの日本的風景はまだまだありますが、これに鉄道を絡ませるとなるとかなり限定されます。
加えて、日出・日没は毎日変化しますが、列車は基本的に定時運行ですし、
これにお天気が加わると結構ハードルが高いです。
Commented by tamura at 2015-06-13 10:40 x
青列車さん、
これは沢山の情報ありがとうございます。
瀬戸内海を絡めるとなるとやはり戸田~富海あたりが中心のようですね。
大畠も行ってみたいのですが、さすがに遠いですからもう一度行けるかどうか、、、
by ctr9dmr | 2015-06-12 09:30 | JR山陽本線 | Comments(12)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31