人気ブログランキング |

富士

特急列車の愛称名としては明治から存在する由緒ある「富士」ですが、
ブルートレインでの登場は、みずほの付属編成であった大分行きを引き継いだ1964年(昭和39年)でした。
世はオリンピックで盛り上がり、東京~九州を結ぶブルートレインも全盛を迎えた頃です。

東海道本線では一度きりの撮影でしたが、蒸気撮影で遠征した折に日豊本線で撮っていました。
大分以南は主編成の8両でしたが、東京~西鹿児島間約1574kmという最長距離列車でした。
(1973年3月撮影、日豊本線・佐土原付近、Canon FTb FD200mm/f4)
b0221605_859645.jpg





こちらは大船での撮影です。上の絵と比べて何となくHMの富士山が直線的に見えます。
(1969年3月撮影、東海道本線・大船付近、Ricohflex New Dia)
b0221605_933720.jpg

Commented by 青列車 at 2015-08-30 10:38 x
日本を代表する富士山に因み、列車愛称としては戦前から連綿と続く由緒あるもので長距離優等列車に相応しい愛称ですが、東京発着ブルトレとしては一番縁の薄い列車でもありました。と、申しますのもこの当時山陽本線の山口県内では下関以外はブルトレ全列車が停まる駅はなく、其々の列車が停車駅を振り分けていて、富士は優等列車乗車時の最寄り駅だった徳山に停まらなかったからです。これは山口県内の各都市が全列車停めるには規模も格式もやや弱く、かといって無視するには大き過ぎたことによります。徳山はあさかぜ・さくら・みずほ、はやぶさ・富士は通過、防府はあさかぜと富士、小郡(現新山口)はさくら・はやぶさ・みずほ、と言った感じでした。新幹線も西へ行けば一部ののぞみ・みずほのみが停まる例が多々ありますね。
Commented by 枯れ鉄 at 2015-08-30 12:15 x
DF50の富士は撮りました。といっても、C57待つ間に通ったからですけど(笑)
HM、確かに微妙に違うようですね。
九州のは、山の高さをデフォルメしたようなデザインですね。
Commented by tamura at 2015-08-30 16:06 x
青列車さん、
山口県内は現在の新幹線でも降りたい駅に停車する列車を選ぶのに手間取ります。
東京からですと、あと少しで小倉・博多ですからなかなか難しいのでしょうね。
Commented by tamura at 2015-08-30 16:09 x
枯れ鉄さん、
私の場合も同様で、、、この時は電化前でしたが架線柱も並び撮影意欲は半減、
一応来た列車は撮ったという感じでした。
HMもところが変われば多少違っていたことに今頃気付きました。
Commented by 佐倉 at 2015-08-30 17:42 x
 自分もC57を撮りに行って、日豊本線で出会っている筈ですが撮ったかどうか記憶が無く...
 でも都城から西鹿児島まで乗車した記憶はあります。
 既に寝台は畳まれていて、座席に座って客車の旅を楽しめました。
 マークが微妙に違っていたのも面白いですね。
 東海道本線ではEF66の末期に撮りましたが、山形の富士山のHMでした。
Commented by tamura at 2015-08-30 18:56 x
佐倉さん、
この頃蒸気以外を撮るのは、時間つぶしか練習という感じでした。
さすがに九州まで遠征したときは、来る列車は撮っていたような、、、
それでも普通列車はほとんどパスしていました。
by ctr9dmr | 2015-08-30 09:07 | 日豊本線 | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr