人気ブログランキング |

EF60+EF10

今日の写真もネガを複写したまま眠っていた1枚です。
家にあった6X6版エコノミーの二眼レフで撮っていますが、高速走行の列車は斜めですとブレまくりで、
EF60以外はナンバーが読めません。(笑)
ところが、ネガから反転させてよく見れば次位にも機関車が、、、F級のデッカータイプのようです。
サイドの特徴からEF10のリベット組み立てタイプ(1-16号機)のようです。
それにしても勾配標識が刺さっていたり散々ですが、慌てて撮ったのかも知れません。

(1969年2月撮影、東海道本線・大船付近、Ricoh Flex New Dia)

b0221605_19014080.jpg


Commented by 佐倉 at 2019-02-13 11:29 x
 この頃の大船付近は未だかなりの田舎ですね。(笑) 木製のポールも残っていて、古い枕木の柵も懐かしいです。
 咄嗟に撮ったにしてはちゃんとパンタが抜けていますね。
 多少の難点はありますが、貴重な記録です。
Commented by tamura at 2019-02-13 18:24 x
佐倉さん、
東海道本線でも木製ポールが残っていましたから時代を感じさせます。
駅構内の境目などにも古い枕木利用の柵もあちこちにありましたね。
咄嗟に撮ったので勾配標識が刺さりました。パンタは偶然抜けたということで、、、(笑)
Commented by 枯れ鉄 at 2019-02-14 08:49 x
初期型のEF60とEF10の組合せは貴重ですね。
EF10のパンタが上がってますので、無動じゃないですね。もっとも、この頃は無動回送なんて工場入場とか、転属の時ぐらいしかなかったように思います。
毎日のように見ていたEF60ですが、一つ目の初期型の写真が以外と残っていなかったです。
Commented by tamura at 2019-02-14 09:27 x
枯れ鉄さん、
EF60はその後登場したEF65に押されて目立たなくなってしまいましたね。
私も一つ目の初期型はこれ1枚でした。そもそも電機牽引の貨物自体あまり撮っていませんでした。
by ctr9dmr | 2019-02-13 08:49 | 東海道本線 | Comments(4)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr