人気ブログランキング |

バラ・2019年 春 (13) 

久しぶりの雨で開園直後はガラガラだったのですが、雨が止むと雨後の竹の子のごとく、、、(笑)
(2019年5月29日撮影、京成バラ園、Fujifilm X-Pro2 MS-Optics Vario Prasma 50mm/f1.5)

ハンス ゲーネバイン( CL Meilland 2009)です。
b0221605_18272545.jpg





グレーフィン ソニア( HT Kordes 1994)です。
b0221605_18284115.jpg
b0221605_18290281.jpg
花の名前らしくないのですが 感謝( HT 京成バラ園芸 2009)です。
b0221605_18303950.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2019-06-02 09:16 x
雨上がりを狙う人は多いのですね。
水滴は独特の雰囲気を醸し出してくれるので、変化がついて良いです。
明日の朝あたり行けるかな?(笑)
Commented by 佐倉 at 2019-06-02 10:10 x
 雨や曇りだと草花も落ち着いた感じで撮れますね。
 1枚目は高級なアート紙にプリントされた写真を見ているようです。
 ただ、雨だとなかなか腰が上がりませんが...(^^ゞ
Commented by よっぱらいのこびと at 2019-06-02 14:55 x
バリオプラズマ・・・
→プラズマを可変するのかしら・・・
→あら、おそろしい・・・(ネットで検索)
→なぬ!宮崎光学の最新作・・・レンズ構成は見つけられず・・・
→スペック的にはズマリットの現代版かしら・・・
→tamuraさんに伺えばいいかなぁ・・・(笑)

なめらかなボケ味・・・フレアもおいしそう・・・ですね。でも腕を試されそう・・・大汗

ハンス ゲーネバイン、比較的最近の品種ですね。
花付きがとてつもなくすごいですね。
Commented by tamura at 2019-06-02 16:09 x
枯れ鉄さん、
雨上がりでも撮影を主にする方はそれほど多くないようで、見に来られる方が大半です。
晴れている日は愛でるには良いのですが、コントラストが付きすぎて厳しいですね。
バラの季節は雨が降るのを待っています。(笑)
Commented by tamura at 2019-06-02 16:13 x
佐倉さん、
陽差しがないと花が重なり合っていても影が濃くなりませんので、撮りやすいですね。
雨天撮影の気の重さは最初だけで、撮り始めると嵌まりますので、まずは出掛けることが早道です。(笑)
Commented by tamura at 2019-06-02 16:20 x
こびさん、
このレンズのベースは、あの Kino Prasmat 5cm/f1.5 だそうです。
まあ普通には滅多にお目にかかれない上に価格も目が白黒してしまうようなレンズです。(笑)
それを現代の技術で復元を試みたということのようですが、なかなか良い雰囲気に撮れます。
周辺部の歪みをコントロールできるので Vario となっています。
花撮影が好きな方にはお勧めかも知れません。
価格的には何とか手が届きます。
フォトベルゼさんで購入できますよ。
http://fotoborse.blog.jp/
by ctr9dmr | 2019-06-02 08:40 | バラ・2019年春 | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr