人気ブログランキング |

バラ・2019年 春 (18) 

春バラの多くは5月中下旬に見頃を迎えますが、品種によっては少し遅めに見頃を迎えるものもあります。
(2019年6月7日撮影、京成バラ園、Fujifilm X-Pro2 Angenieux 90mm/f1.8)

ミニバラ・ミミエデンのつる性品種 ツル ミミエデン( CL Meilland 2009)です。
b0221605_18313566.jpg




燃えるような色合いで目を惹く 錦( FL 京成バラ園芸 2000)です。
b0221605_18335230.jpg
出来たてほやほやの クラリス( Shrub Tantau 2018)です。
b0221605_18350267.jpg
ヒストリー( HT Tantau 2003)です。
b0221605_18365438.jpg

Commented by 枯れ鉄 at 2019-06-16 08:52 x
バラ再開!
6月でも綺麗に咲いていますね。
植物園は6月9日に行きましたが、被写体探しが大変でした。
ヒストリーは花色も綺麗で、バックのボケも良い感じです。
Commented by よっぱらいのこびと at 2019-06-16 12:38 x
クラリスは2018作出ですか・・・ということは京成では今年初めて咲いたのですねぇ・・・
花付きがすごい、品種のようですね。

ミミエデンは例年は普通の時期に咲いていたと思うのですが、今年は長く咲いていてくれているのかな。
Commented by 佐倉 at 2019-06-16 17:56 x
 バラは今世紀に入ってからも新しい品種が次々と作られているんですね。
 沢山作られていると同じような色形の花が出来るでしょうから、そのうち区別がつかなくなる...なんて事は無いのでしょうかね?(^^ゞ
 2枚目と4枚目、同じレンズでも撮影距離によって前ボケの量が違っていて、当たり前の事なのですが、自分が何処に立つかが重要な事を再認識させられました。
Commented by tamura at 2019-06-16 19:01 x
枯れ鉄さん、
今年は異例で、再開です。(笑)
京成バラ園でも珍しく6月に入っても見頃が続いていました。
ヒストリーは花付きも良く色合いもバラらしくて良いです。
Commented by tamura at 2019-06-16 19:05 x
佐倉さん、
作出年を見ていると毎年のように沢山新作が出ているようです。
最初は鉢植えで登場して、花壇に下ろされるのは2-3年後でしょうか。
私は毎年出掛けていますので、ある程度覚えているのですが、似ている品種も結構ありますのでとても覚えきれませんね。
近接撮影が多いですので、少しの移動量でガラッと変わります。
Commented by tamura at 2019-06-16 19:07 x
こびさん、
1年で花壇に登場する品種は異例ですね。イチオシなのかも知れません。
ミミエデンはここ数年開花が遅くなっているようで、久しぶりに撮った気がします。
by ctr9dmr | 2019-06-16 08:43 | バラ・2019年春 | Comments(6)

京都周辺の四季、春秋のバラ、たまに鉄道


by ctr9dmr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31